• トップページ>
  • 【3種類】沖縄でダイビングライセンスを取得するならどの団体がおすすめ?

【3種類】沖縄でダイビングライセンスを取得するならどの団体がおすすめ?

実は、ダイビングライセンスは1種類ではありません。
民間のダイビング指導団体がいくつかあり、その団体がそれぞれライセンスを発行しています。

今回は、代表的な3つの団体をご紹介します。
団体を知って、沖縄でダイビングライセンスの取得に挑戦しましょう!

世界最大のダイビング指導団体|PADI(パディ)

PADI

画像はPADI公式サイトより引用:https://www.padi.co.jp/scuba-diving/c-card/design/

PADIは、世界最大のダイビング指導団体です。
ダイバー人口が世界的にも飛び抜けて多いことで知られており、全世界の60%ものダイバーがPADIに所属していると言われています。

世界初のダイビング指導団体|NAUI(ナウイ)

NAUI

画像はPRTIMESより引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001111.000033417.html

NAUIは、1960年(昭和35年)に誕生した世界初のダイビング指導団体です。
ダイビング指導団体として最も長い歴史を誇るのがNAUIです。
知名度はPADIに匹敵するほどです。

118カ国が加盟している国際機関|CMAS(クマス)

CMAS

CMASは、水中活動の国連ともいうべき非政府の組織で、世界118カ国もの国々が加盟する国際機関として知られています。
国際オリンピック委員会にも加盟している、世界的にも有名な団体です。

沖縄でダイビングライセンスを取得するならCMASがおすすめ

CMAS

基本的には、どの団体でダイビングライセンスを取得しても世界中で通用します。
取得費用や取得できるライセンスの種類などにも大きな差はありません。
よって、どの団体でダイビングライセンスを取得するかはその人次第になってしまいます。

しかし、特に初心者の方はどの団体にすればいいかよくわからず、悩んでしまうと思います。
そこで、おすすめしているのがCMASです!

なぜなら、CMASは国際的な水中連盟で、純粋にダイビングやフィンスイムなどを安全に普及できるように設立された団体だからです。
他の指導団体のように営利を目的としているわけではありません。

また、当店(沖縄マリンフィールド)にもCMASに所属しているインストラクターが多数いるので、安心してCMASのダイビングライセンスを取得できます!

まとめ

ダイバーと海亀

代表的な団体を3つ紹介しました。
それぞれ特徴があり、素晴らしい団体です。

基本的にはどの団体も大きな差はないので、どの団体でダイビングライセンスを取得しても問題ありません。
しかし、3つあって悩んでしまうという方にはCMASがおすすめです。

ぜひ沖縄のきれいな海でダイビングライセンスを取得し、素晴らしいスキューバダイビングの世界に飛び込んでみてください!