• トップページ>
  • 危険!?ダイビングをする上で知っておきたい減圧症!飛行機との関係とは?

危険!?ダイビングをする上で知っておきたい減圧症!飛行機との関係とは?

ダイビングをする上で知っておきたいことのひとつに、「減圧症」があります。
この記事では、減圧症について知っておいた方がいいこと、予防策について解説します。
また、沖縄の海でダイビングをしたいという方も多いので、あわせて飛行機との関係についてもご紹介します。

減圧症について理解を深め、安全にダイビングできるようにしましょう!

【よくある質問】飛行機に乗った後はダイビングができない?

疑問を持つ女性

「飛行機に乗った後はダイビングができないって本当ですか?」
という質問をお客様からよくいただきます。

実際は、旅行などで飛行機に搭乗してから現地に行き、到着日当日からダイビングをしても特に問題はありません。

問題なのは、ダイビングをした後に飛行機に搭乗することです。
なぜなら、ダイビングをした後最低でも18時間以上、時間に余裕のある方は24時間以上時間を空けてから飛行機に搭乗しないと、減圧症を引き起こす可能性があるからです。
ダイビング後の飛行機の搭乗には注意してください。

では、減圧症を引き起こしてしまうと何でいけないのか、より詳しく見ていきましょう。

減圧症は命に関わることもある危険な症状!応急処置は病院へ

病院

減圧症は、ダイビングなどの高気圧環境下において、体内に取り込まれた窒素などの生理的不活性ガスが急速な浮上などの減圧に伴って過飽和状態となり、不活性ガスの気泡が組織内や血管内に発生することで引き起こされます。
気泡は身体のほぼどこでも発生する可能性があるので、さまざまな症状を引き起こし、ひどい時は命にも関わる症状です。

スキューバダイビングの場合、水中の圧力下で吸っている空気内の窒素が体内に溶け込み、体内に溶け込んだ窒素は浮上する(圧力が低くなると)と排出されていきます。
体内に大量の窒素が溶け込んだ状態で急な浮上すると、溶け込んでる窒素が体の中で気泡となり、体の中が激しく振った炭酸飲料のような泡まみれの状態になってしまいます。
この気泡が血液の流れを妨げたり組織等に障害を与えたりすることで減圧症が引き起こされます。

ダイビングをした後に適切な時間を空けておらず、窒素が体内から全て排出される前に飛行機に搭乗すると、圧力の低くなった上空で減圧症が起こります。

減圧症の症状は、気泡の量と発生した場所や状態により、いくつかに分けられます。
最も軽症なのが皮膚症状で、皮膚が痛がゆくなり、発疹やまだらな斑点ができることがあります。

関節に起こる減圧症はベンズと呼ばれ、減圧症の9割以上を占めています。
肩や肘に起こることが多く、鈍痛から始まりやがて針を刺すような激痛に変わります。

最もひどいのは呼吸循環系や神経系の減圧症で、命に関わります。

また、不完全な減圧を繰り返すと、減圧症の症状がその時に現れなくとも、後に慢性的な関節の障害である骨壊死が起きる可能性があります。

万が一減圧症になってしまった場合は、純酸素吸入を行い、大至急、再圧チャンバーと言う特殊な機械のある病院に運ぶ必要があります。

ダイビング前に覚えておきたい減圧症の予防10選!!

ダイビングする女性

万が一減圧症になってしまった場合の応急処置は、病院です。
しかし、まずはならないようにするのが大切です。
事前に減圧症を予防する方法を知っておきましょう!

減圧症を予防する方法は、下記の10個です。
①高齢者や肥満の人は、なるべく短い潜水時間にとどめるようにすること。

②前日はよく睡眠をとり、過度の疲労や体調不良の場合にはダイビングを中止すること。

③体温を保持するために、環境にあった適切なスーツを使用すること。夏場でもディープダイビング時は寒さに注意する必要があります。

④ダイビング直前・直後のアルコールや喫煙は避けること。

⑤ダイブコンピューターやダイブテーブルを使用して安全な潜水計画を立て、体内に多くの窒素を蓄積させないようなダイビングを行うこと。

⑥浮上の際は窒素を効果的に排出できるように、決められた浮上スピードを守ること。通常時のダイビング浮上速度は1分間に10mが目安です。

⑦ダイブコンピューターなど、水深や時間等を計算して減圧症を防ぐためのツールを利用すること。ダイブコンピューターは、浮上スピードが速いと警告音や表示がでるものもあるので大変便利です。

⑧ダイビング直前直後は水分をしっかりとり、血液をサラサラにすること。スポーツドリンクや水が最適です。

⑨ダイビング中や、ダイビング直前直後の激しい運動を控えること。

⑩安全停止を必ずすること。安全停止とは、ダイビング終了前に水中5m付近で3分間待機をすることです。

まとめ

ダイビング中の女性

ダイビングの後に適切な時間を空けず飛行機に乗ってしまうと、命にも関わる減圧症になってしまうことがあります。
なってしまった場合は、すぐさま病院へ行かなければいけません。

しかし、減圧症を予防する方法はたくさんあるので、必要以上に怖がる必要はありません。
ダイビングを楽しむためにも、しっかりと予防し、飛行機搭乗前に適切な時間を空け、減圧症にならないようにしましょう!