• トップページ>
  • 泳げなくてもダイビングライセンス取得はできる!?必須スキルも解説

泳げなくてもダイビングライセンス取得はできる!?必須スキルも解説

「泳げなくてもダイビングライセンスの取得ってできるの?」
そんな未経験者、初心者ダイバーの不安を解消します。

事実を知っているだけで、誰でもダイビングへの不安がなくなります!

「泳げないからダイビングライセンス取得にチャレンジできなかった。」
「ダイビングを始めたけど泳げないから心配…。」
と悩んでいた方、この記事を読み終えた後にはしっかりと自信がついていますよ!

【泳げなくてもO.K.】ダイビングライセンスは取得できる

ダイビングしている女性

ダイビングライセンスを取得する際は、全く泳げなくても大丈夫です。
理由は単純で、ダイビング中は息継ぎの心配がないからです。

泳げない理由の多くは、息継ぎのタイミングがわからない、または息継ぎができないことです。
その点、ダイビング中はレギュレーター(呼吸器)という道具を使い、タンクから供給された空気を吸うので、水面で息継ぎをする必要がありません。
全く泳げない方も自分のタイミングで呼吸ができるので、息継ぎのタイミングがわからなくても、できなくても大丈夫なんです。

あとは、陸上で歩く感覚と同じように足を動かせば不思議と泳げるようになります。
なので、全く泳げないからといってダイビングライセンスを取得できないなんてことはありません。
ダイビングで重要なのは、泳げるか泳げないかよりも、水の中でリラックスできるかどうかです!

泳げなくても覚えておいた方がいい必須のスキルとは?

耳抜きする女性

全く泳げなくても大丈夫ですが、ダイビングライセンスを取得する上で覚えておいた方がいいスキルに耳抜きがあります。
ダイビングで潜降中に詰まる耳を治すために必須のスキルです。

必須である理由は、耳が詰まっている、耳が痛い状態をそのまま放置すると、鼓膜を傷つける危険があるからです。
長いトンネルを通過している時、飛行機に乗っている時に耳が詰まる感覚と同じ現象が水中でも起こるということを覚えておいてください。

そして、耳抜きのやり方はいくつかありますが、一般的な方法は、鼻を完全に塞ぐようにつまみ、そのまま鼻をかむ(鼻に息を送り込む)方法です。
鼻をかんだ時に、耳の中がパリッとなる現象を作れれば耳抜き成功です!
また、あくびや唾を飲み込んだ直後にパリッと耳の奥で音がなるのも耳抜きの方法のひとつです。

ダイビングライセンスを安全に取得するために、耳抜きを身につけておきましょう!

ダイビングをしていたら泳げるようになるって本当?

はてなマーク

ダイビングをしていると、気付いたら泳げるようになっていることがあります。
なぜかというと、ダイビングをしている中でフィンキック力がついたり、体力がついてくるからです。

ダイビングライセンスを取得すると、さまざまなポイントを潜るようになります。
流れの速いポイントでは潮流に負けないようにフィンキックする必要がありますし、流れが速くなくてもダイビング時には重たいタンクを背負います。
なので、ダイビングをすることで、自然と筋力や体力が向上するのです。

ダイビングが好きで通っていたら、いつの間にか泳げるようになっていた!
なんてことも珍しくありません。

なので、ダイビングライセンス取得時に泳げなくても心配する必要はないので、安心してください。

まとめ

ダイビング中の女性

泳げなくてもダイビングライセンスの取得は可能です。
泳げない原因は息継ぎにあります。
ダイビングは息継ぎの部分の問題をクリアできるので心配する必要はありません。

また、泳げなくてもいいので耳抜きは覚えておきましょう!
耳抜きせずに放っておくと、鼓膜を痛めてしまう恐れがあります。

ダイビングをしていれば、気付いたら泳げるようになることはよくあります。
泳げるか泳げないかよりも、水中でリラックスすることを意識して、ダイビングライセンス取得にチャレンジしてみてください!

ただ、それでも不安だという方は、沖縄マリンフィールドにご相談ください。
ダイビングの知識やノウハウが豊富な初心者専門店なので、未経験者、始めたばかりの初心者の方にも安心してご利用いただけます。
ダイビングに興味のある方はぜひお問い合わせください!