沖縄の「青の洞窟」なぜ青いのか?原因や理由

沖縄の「青の洞窟」という言葉を聞いたことはあるのではないでしょうか。

沖縄の青の洞窟はダイビングやシュノーケリングでとても人気のスポットです。
青の洞窟の魅力として「神秘的な青色」がありますね。

沖縄には他にも洞窟がありますが、青く輝いて見えるのは青の洞窟だけです。

では、なぜ青の洞窟は青く輝いて見えるのでしょうか。
今回は青の洞窟が青い理由についてお話ししていきます。

なぜ海は青いのか?

青の洞窟が青く輝く理由を説明する前に、そもそもなぜ海は青く見えるのかについてお話ししていきます。

もともと透明な水(海)が青く見えるのには太陽の光が関係しています。

太陽の光は虹の7色から構成されています。
その中でも「青色」は水に吸収されにくい性質を持っているため、太陽光が水中に入ると、青以外の色は水に吸収されてしまって、青だけが残ります。
水に吸収されずに残った青だけがどんどん水中に入っていき、その中で青色が散乱することから海全体が青く見えるというわけです。
また、海の透明度が高ければ高いほどより鮮やかな青色に見え、プランクトンや浮遊物が多いほど太陽光の緑色がそれらに反射し、海が緑っぽく見えたりします。

青の洞窟が綺麗な青色に輝く理由

海が青い理由についてわかったところで、青の洞窟について考えてみましょう。

青の洞窟がより鮮やかな青に光り輝いて見えるのは、海底の色が関係しています。
石灰質の白い海底によって、太陽光の「青」がライトアップされたような効果を受けて、鮮やかな青色となって映っているのです。

青の洞窟は、透明度・太陽光・白い海底などのいくつもの条件が重なった奇跡の洞窟となっているわけなのです。

ちなみにこのような青の洞窟は沖縄本島だけでなく、石垣島や岩手県の浄土ヶ島、北海道小樽市やイタリアのカプリ島にもみられます。

まとめ

いかがだったでしょうか。
今回は沖縄本島の「青の洞窟」がなぜ青いのかについてお伝えしてきました。

海が青い理由に加えて、白い海底、透明度など様々な条件が奇跡的に重なり、鮮やかに光り輝く青色を演出しているということがわかりました。

ちなみに、青の洞窟に行くなら早朝の早い時間帯が良いです。
光が綺麗に入り、ダイバーやシュノーケリングに来ている方々も少ない時間帯なのでゆっくりと堪能することができます。

みなさんもぜひ青の洞窟を訪れてみてはいかがでしょうか。