• トップページ>
  • ダイビング中に咳はしてもいい?したくなった時の対処法やコツ

ダイビング中に咳はしてもいい?したくなった時の対処法やコツ

ダイビングをやってみたいけれども、普段から咳き込んだりしやすく、「ダイビング中に咳が出てしまわないか心配」という方もいらっしゃると思います。

そこで今回はダイビングと咳の関係や、ダイビング中に咳をしたくなった時の対処法についてお伝えしていきます。

ダイビング中に咳をしたくなった場合

もしも、ダイビング中に咳をしたくなった場合はどうすればよいのでしょうか。
我慢できればいいですが、無理に我慢せず、思い切って咳をしてしまいましょう。

ではどのように咳をすればよいのでしょうか。

初心者の方は意外に思われるかもしれませんが、実はダイビング中でも普通に咳をすることができます。
その上で大切なことはレギュレーターを外さないことです。

レギュレーターとは水中で呼吸するために欠かせないものです。
そのためダイビング中はどんなことがあっても外してはいけません。

レギュレーターを外さないように咳をするコツは、

①片手でレギュレーターを包み込むように押さえる
②レギュレーターのマウスピースを噛んだまま「コホンコホン」とノドを鳴らすように軽く咳をする

の2つがあります。
これらを守ればダイビング中に咳をしてもレギュレーターが外れてしまうことはほとんどありません。

咳が止まらない時はどうする?

ダイビング中に咳をしても良いことはわかりましたが、咳があまりにも酷く、止まらないときはどうしたらよいのでしょうか。

ダイビングに使うタンクの中の空気は乾燥しています。そのため、喉が乾燥した状態でダイビングを行うと、ダイビング中に咳が止まらなくなることはしばしばあります。

咳が一向に止まらず、安全にダイビングを続けることが難しい場合にはダイビングを中止し、浮上することが望ましいでしょう。
ただし、浮上する際には必ずインストラクターやガイドに浮上したいという意思を伝えてから浮上するようにしてください。
「浮上したい」をいうハンドサインは、手の甲を相手の方に向けてグーを組み、親指で水面を指します。

ダイビング中にレギュレーターが外れてしまったらどうする?対処法は?

先ほどはダイビング中に咳き込んでもレギュレーターが外れることはほとんどないとお伝えしました。
しかし、いくら気を付けていてもレギュレーターが外れてしまうこともあります。
そんな時の対処法をご紹介します。

①まずは落ち着いてレギュレーターをくわえ直す

レギュレーターは水中での生命線です。
外れてしまったレギュレーターを探し、落ち着いてくわえ直しましょう。

②レギュレーターの中に入った水を出す

外れてしまったレギュレーターの中には水が入っています。
そのため、くわえ直したら息を吸う前にレギュレーターの中の水を出しましょう。これをレギュレータークリアといいます。

レギュレータークリアの方法は
・レギュレーターの正面にある「パージボタン」を1〜2秒間押す
・息を強く吐き出す
の2つの方法があります。

吐き出す息が肺の中に十分にある場合は息を強く吐き出してレギュレータークリアをし、吐き出す息がない場合にはパージボタンを押してクリアしましょう。

③息はゆっくりと吸う

②の方法でレギュレータークリアをしても中に水が少し残っている場合があります。
残った水を飲み込んで、むせてしまわないためにも、最初の一息はゆっくりと様子を見ながら呼吸しましょう。
水が残っている場合は落ち着いて、もう一度レギュレータークリアをしてから呼吸しましょう。

咳は出るけど熱はない。風邪気味の場合のダイビングはしてもOK?

風邪気味だけど咳が出るだけで熱はない。せっかくのダイビングなので中止はしたくない。
そんな場合でもダイビングをしても大丈夫でしょうか?

結論から言うと風邪気味の場合にはダイビングは控えるべきです。
なぜなら、風邪を引くと喉だけでなく、耳や鼻、副鼻腔に炎症が起こっている可能性があります。
そのような場合にはダイビング中に上手く耳抜きが出来ない可能性が非常に高いです。
また、無理に耳抜きをすると中耳炎になってしまう可能性もあります。

ちょっと風邪気味なだけだからと、ご自身で症状を判断してダイビングをするのは避けましょう。
ダイビングは体調をしっかり整えて安全に楽しみましょう!

まとめ

いかがだったでしょうか。
今回はダイビング中に咳をしても大丈夫なのか、咳をする場合のコツなどをお伝えしました。

基本的にはレギュレーターが外れないように咳をし、レギュレーターが外れてしまっても落ち着いてくわえ直せば問題ありません。

レギュレーターが外れてしまった場合にパニックにならないように、陸上や浅い場所で練習しておくのが良いでしょう。

咳が出そうな場合には無理に我慢せず、ぜひこの記事を参考にしてみてください。