• トップページ>
  • 沖縄でダイビングライセンスを取得するなら冬がおすすめ!

沖縄でダイビングライセンスを取得するなら冬がおすすめ!

ダイビングというと夏のイメージがありますが、沖縄の冬でもダイビングは十分できるので、ライセンス取得にも冬がおすすめです。

そこで今回はダイビングライセンス取得には冬がおすすめな理由をお伝えしていきます。

水温が低すぎないので寒くない

沖縄では冬でも水温は21〜22度くらいをたもっていて、20度を下回ることはほとんどありません。
湘南や伊豆、千葉といった本土の水温比べて10度以上水温が高いので、体力を消耗せずに安心してダイビングライセンスを取得できます。

沖縄の冬の海は透明度が高い

ダイビングをするときに気になるのが海の透明度。水が濁ったりすると、折角のダイビングが台無しです。沖縄の海は、平均で25mから30mくらい見通すことができるため、ダイビングの解放感とサンゴやウミガメ、マンタといった海生生物をはっきりと見ることができます。

海中だと不安になる方も、少しペースが遅くゆっくり楽しみたい方も、透明度が高いとバディや仲間を目視できるので、安心感が保て、ダイビングを楽しむことができます。

夏のシーズンよりも人が少ない

ダイビングのライセンスをはじめて取得したいと考える人にとって、丁寧に教えてもらえるというメリットは、非常に安心感があります。冬の沖縄なら、ピーク時の3分の1程度の人数でライセンス取得やダイビングスポットへの運行などをしているので、わからないことや、ダイビングスポットなど時間をかけて丁寧に教えてもらうことができます。これは、非常に大きなメリットです。

アドバンスライセンス取得でも、魚の種類や行動属性など、ピーク時の3倍一人当たりに時間を割くことができるので、普段では聞けない裏情報などを聞けるだけでなく、インストラクターとも過ごす時間がおおくなるので、次回の予約や飲み会など、沖縄地元の情報なども教えてくれます。

まとめ

いかがだったでしょうか?
冬でも沖縄の海は意外と水温は高く、それに加えて、夏よりもダイビングライセンス取得希望者が少ないので、より丁寧な講習を受けることができます。

また、透明度も高く、海も綺麗なので冬の沖縄の海でライセンスを取得することは非常におすすめです。

ライセンスを取得したいけれど、人が多い時期を避けたいとお考えの方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか?