• トップページ>
  • 沖縄でダイビングライセンスを取得するときの費用は?

沖縄でダイビングライセンスを取得するときの費用は?

ダイビングをしたい!そう思っている方がまず初めにすることはダイビングライセンス(Cカード)を取ることです。

このCカードはインストラクターなしで潜る際には持っていなくてはならない重要なダイビングライセンスです。

しかし、ライセンスを取るための料金はとても高額だというイメージがあると思います。

今回はそんなダイビングライセンスを取るためにどんな費用が必要で、どれくらいの金額がかかるのかをお伝えしたいと思います。

Cカード取得にかかる費用の内訳

まずはライセンス取得までにどのような費用がかかるかの内訳です。

  • 教材費:講習で使用するテキストやなどDVDの費用
  • 講習費:学科、プール、海での講習費
  • Cカード申請費:認定後のCカード発行の申請にかかる費用
  • 器材レンタル料:
  • ダイビング器材:フィンやマスク、BCD、レギュレーターなどの講習中に使用する器材のレンタル料。自分で器材を買う場合は購入代金がかかる。一部だけ購入することもできるので他はレンタルする場合が多い。
  • タンク、ウェイトのレンタル料:こちらも講習で使用するタンク・ウェイトのレンタル料。これらは自分で購入することはほとんどないので、レンタルすることがほとんど。
  • 宿泊費:宿泊して講習を受ける場合の宿泊費。ほとんどが1日で終わる講習ではないため、宿泊費がかかる場合がほとんど。

ライセンス取得にかかる費用の内訳としてはこのようになっています。

この他にもダイビングショップや講習のための海に行くための交通費や、食費が別途かかります。

Cカード取得にかかる費用の目安

では実際にいくらかかるのでしょうか?

地域やダイビングショップによって異なりますが、だいたい4〜8万円が目安です。

これらは前述した項目のように器材をレンタルするのか、宿泊するのかなど講習を受けるダイビングショップによって値段が様々なためあくまで目安の値段になっています。

また、海洋実習で船に乗る場合には乗船料もかかるのでさらにプラスで料金がかかる場合があります。

ダイビング器材は買うべき?

ダイビングショップによってはダイビング講習の際に器材の購入を勧めるところもありますが、もちろんレンタルもできるので必ずしも買わなくてはならないことはないです。

また、ダイビング機材のBCDやレギュレーターは安い買い物ではないのですぐに買う決断をするのはむずかしいでしょう。

マスクやシュノーケル、フィンはスキンダイビング(海の表面でのシュノーケリング)など自分たちで気軽に行う際にも使えるため買っても良いかもしれません。

もちろんその場ではレンタルでもいいと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回は沖縄でダイビングライセンスを取得する際にかかる費用についてお伝えしました。

基本的に器材はレンタルする方がほとんどだと思いますのでレンタル料がかかることが多いのではないでしょうか?
中にはショップによって講習料金の中にレンタル料が含まれている場合もあります。

ライセンスを取得できればその後自由に潜ることができますのでぜひ検討してみてはいかがでしょうか?