• トップページ>
  • #宜野湾市ダイビングショップ#美ら海クリーン活動

#宜野湾市ダイビングショップ#美ら海クリーン活動

2020/7/6~7/17まで宜野湾市沖のクリーン活動とサンゴの植え付けを開催しました!

今回は宜野湾市に拠点を置くダイビングショップ20社程が参加。
その中の1社として、マリンフィールドも参加しました。

午前中約1時間足らずで、これ程のごみを回収。

ちなみに、海藻や木切れなどの自然物のごみはスルーです。
プラスチックゴミやタイヤ・瓶類・自転車など人工物のごみと、リサイクルできるペットボトル、空き缶等を回収。

きれいに見える海にもこんなにゴミがあるんです。
ごみはゴミ箱へ。そうしないと綺麗な海で泳げなくなてしまいます。
拾ってみて感じたことは、プラスチックゴミに並んで多いのは、ペットボトル・ビニール類、不法投棄タイヤ、自転車の順でした。

海に捨てても分解されませんし、魚やカメが食べたら排泄されず体内に蓄積し死に繋がってしまいます。
良い解決法をみんなで考えるべきです。綺麗な沖縄の海をずっとこの先の未来にも残していきましょう!!


ダイバー1人でもそう思う人が増えれば、未来に綺麗な海を残せると思います。
是非、1人ずつの意識を変えて行きましょう。

 

午後はサンゴの植え付け作業を分担し、周りの珊瑚礁に付いてるレイシガイの駆除活動。

サンゴの植え付け手順を学び、作業開始!

2種類の水中用のボンドを1:1の比率に混ぜ合わせて、サンゴの苗を固定する粘土をつくります。

サンゴの苗を固定する前に、岩を丁寧にブラッシングし、

苗の数に粘土を並べ隙間なく土台となる岩へ取り付けたら作業完了!

後は、サンゴの害虫となるレイシガイの駆除!

レイシガイ発見!

サンゴを食べてる所…

1個取り除くと、奥にもう1個レイシガイが…

完全に取り除くと、サンゴは白くなっております。

取り除かず、そのままにしてると、レイシガイが食べた所から徐々にサンゴが枯れて行きます。

この沖縄のレイシガイの食べる物は、魚の死骸やサンゴのため、貝自体の味が悪く取り出す手間までかかる事から、残念ですが食用とはなりません…さようなら。

1時間程でこの量のレイシガイを駆除出来ました。

沖縄であまりメジャーではない宜野湾市沖のダイビングスポットにもサンゴは沢山あり、意外に穴場スポットです!

是非!潜って見たい方、お気軽にお問い合わせ下さい。